ご案内

 Author:  MMミリオンセラー @MMMSeller

 

著作の宣伝のために開設したサイト 

 

 

サイト名の由来  

海外の個人作家のオピニオンリーダー・SPPのジョニー・B・トルーエンとショーン・プラットによるセルフパブリッシングのバイブル「Write. Publish. Repeat.」からです。

彼らのトーク番組は本当に楽しくて、海外セルフパブリッシング界の動向だけではなく、単純にトークが聞きたいから聞いてしまいます。

SPPの集大成とも言えるのが「Write. Publish. Repeat.」で、海外で英語出版を目指すなら必ず読んでおきたい一冊です。

 

ものすごく長い(!)のですが、最初の3章くらいは自己紹介やセルフパブリッシングへの思いをダラダラしゃべっている構成になっています。(レビュー見たら、レビュアーさんも同じこと思ってた)

わたしの場合は彼らのファンなので、そのダラダラ部分も楽しんで読みましたが、ノウハウだけほしい方はすっ飛ばして4章あたりから読み始めることをおすすめします。

WordPressで本サイトを作成したのも、この本の影響です。長期的な視点でプラットフォームを自分で構築することの大切さを、何度も強調していました。

 

そういえば、鈴木みそさんがインタビューで「作家は1000人の村をつくれ」ということを述べられていましたが、ひょっとしたら、本書を読んだのかもしれないですね。この本でも、「1000人のファンをつくれ!」と言っています。

ほか、ティム・グラールさんという個人作家も「1000部売る方法」みたいな本を出しているので、海外個人作家の間では「1000人の読者をつくれば、作家としてやっていける!」みたいな流れになっているのかしらん。

 

「Write and Publish」にしたかったのですが、英語名だと検索引っかかりづらいだろうなあ、ということで「書いて出版するひと」というタイトルを付け加えています。

 

SPPのメンバーに、敬意を込めて・・・。

 

 

著者歴

 

2013年3月、「Kindle出版で週末作家になる」をKDPで出版、個人作家として活動を始める。

 

同年8月、続編「Kindle出版で週末作家になる2」、翌2014年1月「個人作家ライフ~セルフパブリッシングはライフワーク 」のセルフパブリッシング関連本を出版する。

 

ほか、2013年10月、「人間嫌いの理由〜自称・コミュ障とぼっちが自分を理解するためのリスト50」を出版し、著作中で一番のヒット、ロングセラーとなる。note上で本書の朗読を開始、有料販売する。

フィクションは、短篇集「おにぎりがたべたい」「続・おにぎりがたべたい」、ゾンビストーリーズ「死んでたまるか」「聖域」、ショートショート集「バレンタイン掃討作戦」、小説「ママチチ」を出版している。

 

「Kindle出版でミリオンヒットを目指し、日本の出版界に風穴をあけるインディーズ・パブリッシャー」を名乗っているが、未だミリオンヒットには遠い。

 

「自称・コミュ障ぼっち」という以外、プロフィールは謎に包まれている。

 

自分の好きなことを書くと数千円、書きたくないものを書くとン十万というジレンマ

お久しぶりです。

金儲けに邁進しているMMミリオンセラーです。

GWに入り、KDPの初期からやっている方たちがまだ地道に活動し続けているのを見て、ほっこり嬉しくなりました。

みんなエライ・・・マジ偉い。

また、恐る恐る自著のレビューをチェックしたところ、みんな優しいレビューばっかりで正直に書いてくれて、これも嬉しい。星一個でも「うわあ、ちゃんと読んでくれたんだあ」と、マゾなので悦んでしまいますよ。

 

お金に魂を売ったワタクシですが、KDPで自分が好きなことを自由に書き連ねた本は、完全放置で月数千円をキープしています。

何もしてないのに売れる、ってすごいことはすごいんですが、収入という面から考えると『たった数千円ぽっちしか稼げてないのかよ、ダッセー』というのが世間の評価であります。

 

世界は、とても残酷なのです。(BY 進撃の巨人)

 

現実で客観的な評価を得られるのは、なんだかんだ金の大小があってこそ。マネーイズジャスティス。

本が売れても売れなくても中身は変わりませんが、「売上1000円!」よりも「売上1000万円!」と言えば、「ものすごくいい本だろう」と考えるのが人間の評価というもの。

 

99円で出版しても、ほそぼそとしか売れず、しかもアンリミテッドのせいでさらに微妙な売上に。読まれているけど収益金は少なくなった、という雰囲気。

米国税免除の期限も切れて、再登録は難しかったので事実上税金とられて、海外販売分の収益はさようなら~だしね。KDPの個人作家を取り巻く状況は厳しいです。

 

最近はKDP本出してないので、筆を折ったのかと思われているかもしれませんが、自分の文章がお金になる場所を見つけて書いています。

ただし、書いている内容は興味ナッシングの苦行に近いもので、書きたくないものを書いているからこそ、たくさん金がもらえます。

貯まったお金は投資で金ころがしして、さらに増やす予定。(今の相場やばいけど)

金儲けに疲れたとき、ピュアな気持ちでセルフパブリッシングを続けている人たちを見ると、昔の熱いワクワクした気持ちが蘇ってくる。

そろそろなんか、また出版したいかな・・・別名義で出すかもしんない。

あ、みんなそろそろ戦争はじまりそうだから、生活必需品買っておこうね〜! 海外旅行もしないほうがいいよー!